忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

生ヨウカン

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

先日、近くのスーパーを見ていたら、こんなものを見つけました。

20110628A.jpg
生ヨウカン

私の偏見なのかも知れませんが、羊羹はスーパーじゃなくて、必ず和菓子屋で買うべきというイメージが有ります。スーパーで売っているような羊羹は、大抵不必要に甘いのが多いので、私はまず手を出しません。そもそも、私はあまり甘いものは好きでは無いので、羊羹自体あまり見向きもしません。

しかし、この羊羹。パッケージがえらくレトロです。色合いも純和風では無いけれども、かなり落ち着いた感じ。何となく昭和モダンな感じがします。
もっとも、こういう食べ物は中身で勝負。パッケージに惑わされてはいけません。そういう訳で、ウラを向けて原材料を拝見。

20110628B.jpg
Sinple is Best!

原材料は、「小豆・砂糖・寒天」。これだけ。今時珍しく、恐ろしくシンプルです。普通、こういうお菓子ならこれ以外によく解らない添加物がズラズラと並ぶ所ですが、材料がこれだけという事はその分中身自体にこだわりが有るのでしょう。そんなわけで1本お買い上げ600圓也(コーヒーがいいかな?お抹茶かな?)

20110628C.jpg
切ってみた

羊羹にしては珍しく、つぶあんがぎっしり詰まっています。食べてみると、甘さは控え目ですっきりとした感じです。小豆の味もしっかり生きています。

スーパーで売られているお菓子だったので、駄菓子あつかいだろうと高をくくっていましたが、この羊羹、なかなかの出来です。お客様のおもてなしにも活躍しそうですね。友達のいない私には無縁かもしれませんが。




PR

スマートアップル

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

去年あたりからiPhoneを始めとするスマートフォンが流行っています。街中を歩いていても、携帯電話のディスプレイに指を触れ、なにやら操作をしている人の姿をよく見かけます。しかも、若い女の人が使っている率が相当高くなっているようです。10年以上Palmデバイス、しかもClie一本で通してきた私にとって、この状況はかなり口惜しい思いがします(クモ男映画なんか後回しで良かったじゃないの?ウォークマンをひっくり返しに持ってた英吉利もんには無理な相談かもしれんが)。

そんな思いを沸々とさせた中、コンビニエンスストアでこんな物を見つけました。

20110627A.jpg
スティーブ・ジョブズはこんなもの発表してませんでしたが

今やコンビニエンスストアでもスマートフォンが買える時代が来たのでしょうか?

よく見ると、パッケージの上部に何やら文字が書いてあります。

20110627B.jpg
Smart Apple

スマートアップル。なんだか何処かで聞いた事のあるような名前です・・・。

さて、このスマートフォン。アイコンが4種類表示されています。それぞれ「アップルパイ」「青りんご」「みつりんご」「アップルヌガー」とタイトルが付いています。しかし、このアイコン。ダブルクリックしてもアプリが起動されません。不良品を掴まされたのでしょうか?

せっかく買った新型スマートフォンですが、何も動作しないのは気になります。そこで、保証対象外になるのを覚悟で解体をしてみました。すると・・・。

20110627C.jpg
アイコンが取れる

何と、アイコンが塊になって取れてしまいました。これは今までのスマートフォンには無い事です。PDA歴10年の私も吃驚です。しかも、このアイコンは食べる事が出来ます。'79にサービス開始された自動車電話から始まる携帯電話の歴史の中でも、食べられる携帯電話はおそらくこれが初めてではないでしょうか?

アイコンの味は、りんごペーストや、ヌガーの入ったチョコレート味で、いろいろとバリエーションが有ります。なかなかおいしく頂けました。

故障していかどうかはよく解りませんでしたが、とりあえず元に戻そうとしてみました。ここで一つ気づいたのですが、私、全部のアイコンを食べてしまったので、もう元には戻せません。食べる前に考えておくべきでしたね。

このスマートフォン。実際に使えるかは結局解らずじまいでした。まあ、アイコンは美味しかったし、1体100円くらいだったので、どっちでもいいかな。

20110627D.jpg
謎のカメラデバイス これも使えるかは不明

銀閣寺キャンデー店

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

最近、暑くなりましたね。
私は暑さにも寒さにも強い方なのですが(お金が無いから祠ではエアコン使ってないだけという噂も有り)、冷たいものが食べたくなり、銀閣寺近くのココへ行ってきました。

20110611A.jpg
白川今出川 京都銀行を下った所

ここは「銀閣寺キャンデー店」というお店です。
この店、かなり昔からアイスキャンディーばかりを扱っているお店です。店のたたずまいも「昭和」を感じさせますね。

この店に着いて、お目当てのアイスキャンディーを買っても良かったのですが、私はここまで自転車で来ていたので、胃袋をびっくりさせないように(結構トシなんで)別の物を注文しました。

パインジュースです。200cc程をコップで頂くのですが、値段が大サイズで50円。えらく安い(値段から入ってしまうのは悲しい性)。そんなに濃厚な味では有りませんが、すっきりとした甘さが口に広がり、暑いときにはこういう飲み口がたまりません。

さて、本日のメインイベント。

20110611B.jpg
抹茶アイス(140円)

このお店、常時14~5種類ほどのアイスキャンディーを置いていますが、何となく京都らしく抹茶を注文しました。お抹茶の苦みがとても効いています。

そして、アイスキャンディーならば、これは外せません。

20110611C.jpg
棒が曲がって刺さっているのはご愛敬

サイダー味(60円)です。この味は定番ですね。

私がアイスキャンディーを食べながら時間をつぶしていると、修学旅行生の団体が店にやってきました。今時の都会のスレた学生じゃなく、ちょっと田舎っぽい学生さんたちです。こういうお店には、こんな子供たちの姿が似合います。

池田屋

こんにちわ。Ki-Tsu-Neです。

先日、また一乗寺界隈を訪れました。このサイトを訪れる聡明な方々ならお解りだと思いますが、ラーメンを食べに訪れました。

一乗寺付近に付き、お目当ての店には着いたのですが、ここで私はふと困ってしまいました。私は自転車で来ていたのです。最初私は路上駐車でもと考えたのですが、店に着いたと同時に雨が降り始めました。しかし間の悪い事に、目当ての店には駐車スペースが有りません。あわてた私はこの店に入るのを諦め、すぐそばに有る駐車スペースの有るお店に飛び込みました。それがこのお店。

20110521A.JPG
店構えはいたってシンプル

どうも、最近出来たばかりのお店のようです。店構えはいたってシンプル。店の中も、カウンターが8席程で、飾りっ気は全く無し。殺風景と言い換えてもいいでしょう。

ラーメンの券売機を見ると、ラーメンは普通のラーメンと豚ラーメン。サイズは小と大。この前訪れた「夢を語れ」と同じですね。
とりあえずは普通のラーメンで小サイズをにしようかと思案をしていた所、ここの店主が一言「小サイズは2.5人前くらいありますよ」。

え゛っ?

危うく「夢を語れ」での「アベックでつつき合う鍋地獄」を再度味わう羽目になる所でした。そして店主はさらに「プチラーメンでも大盛りサイズくらいになります」。


プチ【petit フランス語】「小さい」「かわいい」「ちょっとした」などの意
(広辞苑第六版より)

「ぷち」の使い方間違ってるし・・・

食べる前から軽いめまいを感じた私は、他に選択肢の無い状態で「プチラーメン」を注文しました。

席に座ると、左の奥の方に「タライ」に顔を突っ込んでいるお客さんが居ました。いや、これは私が話を作り過ぎてしまいました。実際は「タライ」程のサイズのドンブリにもやしが山盛りになったラーメンを食べているお客さんが居ました(どんだけ喰うんや?)。

暫く待つと、どんな代物が来るのかと戦々恐々としている私の目の前に「プチとはとうてい言えない」プチラーメンがやって来ました。

20110521B.JPG
もやしどっさりで、麺が見えない

でも、味の方は結構いけます。とんこつ味で、かなりこってりとはしていますが、不思議としつこさはあまり有りません。豚肉も(一応プチを頼んだおかげか)普通の大人くらいの方なら満足できる程度の量ですし、噛むとほろほろっとした歯ごたえがなんともいえません。麺も細うどんくらい有るかなり太めのちぢれ麺ですが、ぷりぷりの食感が食欲を誘います。

私が思うに、この一乗寺の周辺は大学が多いせいか、若いお客さんが訪れる事が多いのでしょう。そのため、見た目が少々大雑把でも量が多い方が喜ばれるので、こんな感じのラーメンを出す店が多いのかもしれません(一乗寺の全部のお店を見た訳では無いので本当かは解りませんが)。

20110521C.JPG
聖地巡礼という訳では有りませんが、近くを通ったので1枚


ラーメン荘 夢を語れ

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京都ラーメンの激戦地と呼ばれる場所は2カ所有ります。
一つは伏見周辺。もう一つは一乗寺周辺と呼ばれる地域です。

今回、私はその一乗寺でも有名な「ラーメン荘 夢を語れ」に行ってまいりました。

店に着いたのは午後6時頃。そろそろ外も暗くなりかけている頃です。

20110517A.jpg
看板に明かりが灯っている

着いたときには既に店の看板には明かりが点っていました。看板の雰囲気は、なかなか良いアングラ臭が漂っています。
店の前にも20人程の列が出来ています。かなり若い男の子達が多いようです。しかし、さすが京都です。国籍はわかりませんが、明らかに日本人じゃない男の子が2、3人まざっています。国際色豊かな京都ならではの光景ですね。

さて、私もこの列に加わったのですが、この列がなかなか短くならない。この程度の列ならば、15分位で順番が来るかと思っていましたが、30分程かかってしまいました。。少し意外です。

ラーメンのメニューはとてもシンプルで、ラーメンと豚ラーメン。それぞれ普通と大盛りがあります(W豚というのも有ります)。チャーシューと言わずに、豚と言うんですね。どんなものが出てくるのでしょうか。

店はカウンターのみで10席強。メニューだけでなく雰囲気もシンプルです。店内にかかる音楽は、FMなどではありません。アマチュアで、この店が好きだという人たちが作った曲を流しています。なかなか熱い試みです。ただし、演奏レベルは正直「もう少し練習したら?」と言った感じですが。

さて、そんな事を考えている内に注文のラーメンが来ました。

20110517B.jpg
普通盛りの豚ラーメンを頼んだんですが

ええっと、写真では解り難いと思いますが、量はとてつもなく多いです。例えて言うと・・・「これがアベックでつつき合う鍋料理ならば丁度いい」感じです。
食べた感じは、ええ、美味しいですよ。長時間炊き上げた豚骨スープがまろやかな味で、結構濃厚ですが不思議と何度もすすってしまいます。麺はやや太めでほんの少し縮れています。歯ごたえの有るシコシコ麺で、コシの有る麺が好きな向きには非常に良いのでは無いでしょうか?
上に乗っているチャーシュー?は、おそらく何らかのスープで炊き出した豚肉のブロックをスライスした物でしょう。普通のチャーシューと違い、もっとにくにくっとした感じの味です。脂身が結構付いている事もあり、好き嫌いが分かれやすそうです。

これが、半分くらいの量ならば、私も「まあまあ美味しかった」と言える所です。しかし、さすがにいくら食べても全然無くならないとなると、食事と言うよりは拷問と言った感じになってきます。実際、あと1/3くらいになったところで食べきれなくなり、頭がくらくらしてきました。おまけに店内のBGMの演奏レベルが低いせいか不協和音が頭の中で鳴り響くと言った感じになり、めまいが一層増幅されていきました。

何とか麺ともやしなどの野菜を食べきった所(雑食系もののけの私でも脂身は勘弁)で店を出た私は、ブレードランナーに出てきた屋台の老人では有りませんが「半分で十分ですよっ」という台詞が頭をよぎりました。

20110517C.jpg
やっぱりアングラっぽい所は嫌いじゃないんですがね

とようけ茶屋

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京都は豆腐が美味しいと、世間ではよく言われます。
しかし、私にはどうもその事には理解出来ません。

たしかに、京都の食で有名なものに「湯豆腐」が有りますが、正直、私は本当に美味しい湯豆腐に当たった事がほとんど有りません。

京都の豆腐にしても、大半の方はおそらく「京都」という魔法のキーワードに騙されているのでは無いかと思われます。京都は食にうるさいはずなのですが、豆腐に限って言えば大抵が他の大都市で売られているものと同じような品質のものしか売られていません。京都も所詮一地方の大都市だと言う事なのでしょう。本当に美味しい豆腐を求めるならば、かえって田舎の方がよいです。

さて、そんな京都の豆腐ですが、何事にも例外は有ります。私が知っている京都の美味しい豆腐屋さんは2つ有ります。1つは「京とうふ 藤野」。もうひとつは「とようけ屋山本」です。

今回、私は「とようけ屋山本」のアンテナショップ「とようけ茶屋」まで行ってまいりました。

場所は、北野天満宮の真正面。バス停「北野天満宮前」の目の前に有ります。

20110513A.jpg

店のたたずまいは、「大正レトロ」といった雰囲気で、店頭ではおとうふや厚揚げだけでは無く、豆乳や豆腐を使ったスイーツなども売られています。また、このお店には喫茶スペースも有り、そこで豆腐スイーツを楽しむ事も出来ます。

さて、私は「豆乳プリン」を試してみました。

20110513B.jpg
これがうわさの豆乳スイーツ

豆乳プリンのソースは2種類。黒糖とブルーベリーです。私は黒糖を食べてみました。豆腐のほのかな甘さと、黒糖の苦味の入った甘さがマッチしています。みなさんも一度おためしあれ。




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne