忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

燻製マーケット

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京都は、興味深い食べ物屋さんが多いのですが、今回は最近京都の街中に出没している移動販売の燻製屋さん「燻製マーケット」さんです。

この「燻製マーケット」さんでは、べーコン、燻製チーズ、燻製たまごなどを取り揃えてます。今回私はベーコンを使ってフォカッチャサンドを作ってみました。


とりあえず、サイコロ切りにして焼いてみて…


新町・六角にある「花かごパン」のフォカッチャをレタス・たまごと一緒にはさんでみました。何のひねりも有りませんが、シンプル イズ ベストで、ウマウマです。

燻製マーケット」さんは京都各所で出没中。販売場所はTwitterで随時発信しているそうです。
PR

さるぅ屋

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

春も近づき、私は久しぶりに祠から抜け出して、散歩に出かけました。

下鴨神社の辺りをうろついていると、こんな場所を見つけました。



離れた場所から見ると、古ぼけた自転車屋かなんかに見えますが、ここはカフェです。
中に入ると、少し狭い店内に見えますが、この店には吹き抜けの有る2Fが有ります。


調度は飾らない雰囲気がいい感じです。

お店は今出川通りに面しているので、外を見てみたかったから、上に上がってみました。
窓側は何故か畳敷になっていて、私のような248歳の年寄りは、つい、寛いでしまいます。


ここの名物は、ハンバーガーだとの事なので、注文してみました。
バンズはやや固めで、おいしゅうございました。

Ki-Tsu-Ne占い 2014年小寒の頃


ねずみ男のひと 前回は「介護介護」と言い過ぎて負けてしまいましたが、今回は言い倒していないといけないようです。(土木はオリンピックとリプレイスで十分です)。
熊本のお殿様の
ひと
また投げ出して、不要な混乱を巻き起こすでしょう。
右曲がりのダンディのひと 外国から「この国の顔はみんな右に曲がっている」と言われてしまうでしょう。
醤油ちゅるちゅるのひと すでに風物詩と化しております。かなりのご高齢のようなので、次回からは「botナカマツ」に任せて見ては?

今回の都知事選で何故か「脱原発」が争点になっているようですが、東京電力株を3%程しか持っていない東京都には原発廃止をする権限は有りません。そもそも東京都には原発は無いんだし、全国にある原発が停止している今は或る意味で脱原発を実現しているんだし。

貴船神社

こんにちは、 Ki-Tsu-Neです。

秋も深まった今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は、貴船神社の方へ行って参りました。

531549158181.jpg

貴船神社といえば、社殿などは比較的小さいのですが、実は神社の格式は高い所です。また、縁結びの神のご利益がある事でも知られています。まあ、私にとっては格もご縁とやらもど〜でもいい事なのでのですが。

今回は、自転車で行ってみました。あらかじめナビゲーターで距離を調べて見て、京都の中心地からせいぜい15km程と出たので「楽勝」と思っていました。しかし、深泥池を過ぎたあたりから坂道が急になり、途中25%の坂に出くわした時は「これ、壁やんか〜」とつい大阪のオッサンになってしまいました。私、もののけのはずなのに。

531549748891.jpg
25%

そうしてたどり着いた神社はこんな場所です。

531550239116.jpg531550699997.jpg531551230129.jpg

まあ、小さい神社なのですが、密かに樹齢600年の欅の木があったり、樹齢700年の杉が有ったり。やはり歴史を感じさせますね。

この貴船神社のそばの街道筋には幾つか旅館が立ち並んでいまして、その横を流れる川で「川床」が作られています。暑い時期にはここで涼を取りながら食事をされる観光客の姿で賑わいます。

531551557469.jpg
街道筋

貴船にある店は、こういう旅館が大半なのですが、中にはこんなカフェも有ります。
531551898368.jpg
貴船ギャラリー

ここはちょっとしたギャラリーになっていまして、食器やお香などの生活雑貨が売られています。

531552202196.jpg

喫茶コーナーも有り、この界隈を歩き疲れた時のティーブレイクに寄るのも良いでしょう。私も此処でちょっと一服・・・。

531552447841.jpg

帰り道、25%の壁で私は風のように駆け抜けていきました。風というより「暴走もののけ」と言った方がいいかも知れませんが。

夏の担々麺

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

9月に入り、学生さんは夏休みも終わったはずなのですが、まだまだ暑さが続きます。私の住む京都でも、まだまだ暑さが続きます。

しかしこの「くそ」暑い中、私はこんなお店に行ってまいりました。


見ているだけでも暑くなりそう

よりによって、「担々麺」の専門店に行って参りました。ただでさえ暑さでのぼせそうだと言うのに、辛さが持ち味の食べ物なんか食べたらどうなってしまうのでしょうか?(ノープラン)。

このお店「担担」は、京都ではかなり有名なお店です。現に今回は日中に行って参りましたがこの暑いさなか10人程の列が出来ていました。もうみんな何を考えてるんだか(人の事は言えない)。

店内に入り、改めてメニューを確認すると、私の気分を見透かしたような品が出ていました。「冷やし坦坦」と。

実はこのお店の担々麺はそんなに辛くはありません。マイルドな辛さの中にゴマがすごく効いている、辛いのが苦手な方にこそ食べてもらいたい一品です。私も素直に担々麺とオーダーしようかと思っていたのですが、今回は冷やし坦坦に挑戦してみました。


あれ?普通の担々麺?

しかし、出てきたものは普通の担々麺に見えます。けれども、オーダーを間違えたかと思って器に触ってみると冷たい。間違えでは無いようです。

一口食べてみると、辛くない!何故かマイルドな酸味が口に広がります。その後に辛さがやってくるのですが、同時にゴマの風味もついて来ます。私、実はゴマ好きなのでこの感じは本当にたまりません(Ki-Tsu-Neなのだから油揚げが好物なんじゃないかって?どうでも良いじゃないですか)。

新たな食感に私はすっかりヤラれてしまいました。この爽やかな感じに、担々麺は夏でもアリだなと感心いたしました。

祭りの片隅で・・・

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

祇園祭と言えば、京都三大祭の一つであり、その規模は残り二つの葵祭・時代祭を遥かに凌ぐものです。メインの宵山〜山鉾巡行(7/14〜7/17)には京都の街は祭一色に染まります。この4日間は、多くの観光客が押し寄せるせいで、地元の人達は全く身動きが取れなくなってしまいます。本っ当にうっとうしい!

そんな訳で、私などはこの祭の期間んは「出来るだけ出歩かない」or「何処かへ旅に出る」かしていました。しかし、今年は諸事情があり、どうしてもこの限界を超えた人ごみを歩かなくてはなりませんでした。

まあ、本当に人だらけです。16時くらいの、まだ日も照っているうちから歩くのが大変です。もう、帰りたい。

祭りと来れば、やはり屋台が付き物です。私は人波に酔いそうになり、いつもは興味の無い屋台に目をやりました(船に酔った時は遠くを見たら良いのと同じ理屈)。

あれ?なんだありゃ?

20120718A.jpg
「喜多方ラーメン」って登録商標だったはず。
「喜多方」と「ラーメン」が切り離されてるから問題無いのかな?

なんだか、社会の常識だとグレーゾーンのような屋台です。しかし、この程度でビックリするのは甘かった。

20120718B.jpg
これはアウトやろ。集英社に怒られるで。

最近の屋台の広告(?)は、結構ハジけてる・・・。もっと見まわってみたらいろいろ見つかるかもしれないと思い、宵山の夜をうろうろしてみました(祭りを見る動機が3回転半ひねり)。

20120718C.jpg
ひるぜん焼そばは5回くらい見つけました。

20120718D.jpg
富士宮やきそばは7回くらい見つけました。

最近の流行りなのか、B級グルメというのがキーワードなのでしょう。でも、この屋台が本当に岡山県北部やら、静岡県東部から来ているとは到底思えませんが。

そうかと思うと、直球で「B級グランプリ」という文字が・・・。
20120718E.jpg
でも、何のことは無い。ただの「フランクフルト屋」さんでした。


20120718F.jpg
いったい、焼きラーメンってなんでしょう。でも、確認したら、ただの「焼きそば」でした。いかにも博多から来た新しいメニューって感じがしますね。タチが悪いですが。

そういえば、関西人の知らない屋台メニューで「大阪焼」というのが有ります。簡単に言うと「お好み焼きを回転焼きの鉄板に入れて焼いて」いるものです。「大阪」という単語が有りながら関西では全く見たこと有りません。でも、これ、案外関西でもウケるような気がします。

20120718G.jpg
神戸ステーキはステーキハウスで食べたい。
おいしいでchu とか メチャうま とか書かれてもなぁ。

20120718H.jpg
これ、本当にこんなタイ焼きを焼いて、口の中にフルーツを突っ込んでいるんです。ある意味頑張ってるけど・・・。でも、挑戦する勇気は有りませんでした。

20120718I.jpg
単なるスーパーボールすくいですが、タイトル的にアウト!。

創意工夫は大切な事だと実感いたしました。
 


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne