忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
[03/15 マナサビイ]
[09/03 Ki-Tsu-Ne]
[09/03 白くじら]
[08/24 Ki-Tsu-Ne]
[08/24 マナサビイ]
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[666]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656

日本の原風景に出会う(巨大都市・京都なのに)

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

先日、亀岡の方へ行って参りました。大雑把なルートは、嵐山から六丁峠を越えて水尾を抜けて一旦南丹市のそばまで北上してから亀岡市に戻る感じです。



ここは清涼寺というお寺の仁王門です。巨大な門で、「嵯峨野の顔」とも呼ばれているそうです。


清涼寺の門を左に曲がり、ごにょごにょ進むと、こんな鳥居が見えて米ます。今回は、左側の山道を抜けていく事になります。


さっきの鳥居の向こうには、何故か何かのお店があるのですが、そこで飼われているいぬちゃんがご挨拶。可愛い。


改めて今回行く道の方を見てみましょう。仄暗い、少し不安にさせる道です。


道に入ると、こんな感じです。道に入ってすぐはわずかな登りですが、500~600m程走ると結構きつい坂になっています。


しかし、その坂も1kmも走らない内にここで終わり。ここは六丁峠という所です。ここから保津峡まで下り坂。でも、こちらも勾配がきつ目なので、ご注意を…。


保津川の絶景が下りの途中で望めます。


寂しげな場所にあるトンネルは、旅情を誘います。


保津峡を過ぎ、水尾を超えると、意外な風景が見えてきます。棚田です。山奥の田舎を見ると、まさに「日本の原風景」という気がしますね。しかし、ここは京都市右京区。れっきとした巨大都市です。そんな都市の中にこんな場所が有ると思うと、少し不思議な気がしました。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne