忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[593]  [586]  [584]  [582]  [577]  [572]  [571]  [567]  [565]  [559]  [556

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャッターアイランド

超訳・日本語吹き替え版の存在理由は無い
妄想のような話が続くと思ったら・・・
昔の精神病患者の扱いが酷いのはどの国も同じ

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

マーティン・スコセッシとレオナルド・デュカプリオのコンビが送る最新作が、このシャッターアイランドです。

ボストン湾の沖にある孤島「シャッターアイランド」。ここは精神異常を持つ凶悪犯罪者を収容する刑務所です。ここで、ある女性が失踪し、彼女の捜索をするために2人の連邦保安官が派遣されます。しかし、彼らのうちの一人、テディはこの島で何らかの陰謀が行われてると前々から考えていて、この件の捜査をチャンスに陰謀の正体を暴こうと決意していました。

彼らが島に着いてから、捜索は進められていくのですが、見ていると主人公テディの妄想に付き合っているような気分になって来ます。

この映画、日本語の吹き替えが自然な言い回しになるように注意し、人物の表情や動きに集中できる(超日本語吹替版と銘打っています)のをウリにしています。私は外国映画は字幕版で見る主義ですが、今回はあえて吹き替え版を見る事にしました。でも、この吹替、演出として効果が有ったかは解りません。正直、字幕版で十分な気がします。

私の愛読書「ドグラ マグラ」にも出てくるように、太古の昔から結構最近まで精神病患者には「治療」の名の元に死ぬ方がましな程の虐待が行われてきました。この映画の中にも悪名高き「ロボトミー手術」という言葉が出てきます。それを思うと、シャッターアイランドの所長さんは、非常に誠実な人として印象に残りました。


シャッターアイランド(公式HP)

シャッター・アイランド
(単行本ではラストが袋とじになっていて話題になりました)
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
『シャッターアイランド』お薦め映画
人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。
URL 2010/04/26(Mon)23:46:00

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne