忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[136]  [134]  [130]  [127]  [124]  [117]  [114]  [112]  [110]  [106]  [104

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スパイダーウィックの謎

ファンタジーと言ってもあまり構えた話ではない
冒険話も身の丈に合っている分無理なく楽しめました
そもそも大おじさんが変な本を書かなければ良かったのに

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

スパイダーウィックの謎はファンタジー映画です。でも、そのスタンスは、「妖精の世界は人間には見えないだけで、みんなの身の周りにある」というものです。この作品と大体同時期に公開されたファンタジー大作(名前はあえて書かない)とは対照的です。

物語は、主人公達の大おじが書いた「妖精図鑑」を巡って、図鑑を我が物にしようとするマルガラス率いるゴブリン軍団と、彼らの手から図鑑を守ろうとする主人公一家の戦いを描いたものです。でも、その攻防は主人公の家の周りが舞台になっています。敵のゴブリン達も姿形は気持ち悪いながらもどことなくユーモラスです。

「妖精図鑑」は妖精の世界、ひいては人間世界の存亡の鍵を握っていて、図鑑の奪い合いは世界を賭けた戦いのはずですが、日常生活からあまり離れていないせいかちょっとコミカルな描かれ方をしています。

スパイダーウィックの謎は、話自体はこぢんまりとしていますが、その分肩を張らずに物語りを楽しむことができました。変に話しが広げなかった所が良かったですね。今公開されているファンタジー映画ならば、私はこちらの方をおすすめします(白熊の出てくる例の大作は期待していたんですけどねぇ。私は小説しか読んでいないので、映画の出来は本当は解りませんが、評判はかんばしくないみたいですね)。

スパイダーウィックの謎(公式HP


(実はこれ5冊シリーズなんです)


出演:フレディ・ハイモア/サラ・ボルジャー
    メアリー・ルイーズ・パーカー/ニック・ノルティ
監督:マーク・ウォーターズ
2008年3月公開 
PR

フレディ・ハイモア
こんばんは
TBありがとうございました。
最近、ファンタジー作品がやたら多いですね。
みな同じに感じてしまうのでつくるほうも大変だと思いますが、最近の子役さんでは、やはりこのフレディくんの力は大きいみたいです。
何やらせてもうまいしかわいいし…、ジョニー・デップがほれ込んだのには納得です。
大人になってぽしゃらないでほしいと祈るばかりです。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
「スパイダーウィックの謎」
「スパイダーウィックの謎」試写会 九段会館で鑑賞 天才少年が天才ぶりを発揮。 のっけから、フレディー・ハイモアどの子だろうと考えさせられちゃいました。 なんか雰囲気ある二人の男の子、似ているようで似ていなくてやっぱり似ていて区別つかない。 兄弟なんだか、双子なんだかそれすらもわからないまま話がどんどん進んでいくので、頭の中が既に混乱。 でも途中で2役だと気が付いてからは髪型をみたり来ているものをみたり性格で区別したり。 気がつくのが遅すぎました。 昨今のファンタジー続きのなかでも異色のサスペ...
URL 2008/05/11(Sun)01:59:55

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne