忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
最新コメント
[03/15 マナサビイ]
[09/03 Ki-Tsu-Ne]
[09/03 白くじら]
[08/24 Ki-Tsu-Ne]
[08/24 マナサビイ]
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北白川天然ラジウム温泉

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京都には、温泉と呼ばれる施設があまりありません。おそらく、京都は地下水を汲むのを原則禁止されているからでしょう。私の記憶では、京都には2ヶ所だけ温泉が有ったはずです。

その内の1カ所、北白川天然ラジウム温泉に行って参りました。

私には交通手段が自転車しか無いのですが、この温泉、峠の途中に有るのです。坂道の距離は大した事はないのですが、その分きつい坂をひぃひぃ言いながら上がって行きました(一旦峠のてっぺんまで行こうとしたが、ここで完全にメゲたのは内緒)。


昭和な風情漂う建物

まあ、施設のネーミングが昭和ですよね。「ラジウム温泉」なんて所が。いまどきなら、「天山の湯」とか、「スパ・リフレ」とか、「大江戸温泉物語」とか付ける所でしょう。入っている人達は意外と温泉の成分なんか気にしてないかも知れません。

「ラジウム」かぁ。この元素、今では教科書くらいでしか聞きませんね。「ラドン」とか、「ゲルマニウム」とか。ゲルマニウムなんか、昔はトランジスタに必要な元素だったのに、今では肩こり治療ネックレスくらいにしか使われていません(しかも効能は全く無いし)
さて、施設の中に入ってみますと…

今年は昭和九十年

中の様子も、昔の温泉宿といった感じが…いや、古い温泉宿そのものです。しかし、部屋をよく見回してみると、こんな案内が…


まさかのFree Spot

ひなびた宿だと思っていたら、WiFi設定の案内が貼ってありました。実はひそかにサイバー空間です。なかなか侮れません。
お風呂の様子は、さすがに写真に撮れないので説明のみになってしまいますが、10畳くらいの浴室に、湯舟が1つだけ。しかも、その湯舟は5~6人も入ればー杯になってしまいます。まあ、いまどきのアミューズメントな温泉は期待しない方向で願います。

一風呂浴びた私は、少し寛ぐ為に大広間に行ってみました。そこには何人かが床に横たわっていました。しかし、その人達は大半がもう寿命が尽きそうな年寄りばかりです。温泉でリラックスを求めに来たのでは無く、湯治をしに来たといった方が良い感じです。中にはマミータイプの寝袋を持ちこんでいる人もいます。会話の内容も、やれ身体の節々が痛いとかやれどこそこが動かないとか、なかなか切羽つまったものが続きます。ファミリーが集うスーパー銭湯なんかには有りえない情景ですね。
命の洗濯を終えて、私は(根性無しなんで)坂道を転がるように下りていったのですが.建物を出た時に、自転車でさらに上に向かって登っていく人をみかけました。しかもママチャリで。人間、やる気になれば何でも出来るのだなと思いました(私はもののけですが)。
PR

燻製マーケット

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京都は、興味深い食べ物屋さんが多いのですが、今回は最近京都の街中に出没している移動販売の燻製屋さん「燻製マーケット」さんです。

この「燻製マーケット」さんでは、べーコン、燻製チーズ、燻製たまごなどを取り揃えてます。今回私はベーコンを使ってフォカッチャサンドを作ってみました。


とりあえず、サイコロ切りにして焼いてみて…


新町・六角にある「花かごパン」のフォカッチャをレタス・たまごと一緒にはさんでみました。何のひねりも有りませんが、シンプル イズ ベストで、ウマウマです。

燻製マーケット」さんは京都各所で出没中。販売場所はTwitterで随時発信しているそうです。

さるぅ屋

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

春も近づき、私は久しぶりに祠から抜け出して、散歩に出かけました。

下鴨神社の辺りをうろついていると、こんな場所を見つけました。



離れた場所から見ると、古ぼけた自転車屋かなんかに見えますが、ここはカフェです。
中に入ると、少し狭い店内に見えますが、この店には吹き抜けの有る2Fが有ります。


調度は飾らない雰囲気がいい感じです。

お店は今出川通りに面しているので、外を見てみたかったから、上に上がってみました。
窓側は何故か畳敷になっていて、私のような248歳の年寄りは、つい、寛いでしまいます。


ここの名物は、ハンバーガーだとの事なので、注文してみました。
バンズはやや固めで、おいしゅうございました。

貴船神社

こんにちは、 Ki-Tsu-Neです。

秋も深まった今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は、貴船神社の方へ行って参りました。

531549158181.jpg

貴船神社といえば、社殿などは比較的小さいのですが、実は神社の格式は高い所です。また、縁結びの神のご利益がある事でも知られています。まあ、私にとっては格もご縁とやらもど〜でもいい事なのでのですが。

今回は、自転車で行ってみました。あらかじめナビゲーターで距離を調べて見て、京都の中心地からせいぜい15km程と出たので「楽勝」と思っていました。しかし、深泥池を過ぎたあたりから坂道が急になり、途中25%の坂に出くわした時は「これ、壁やんか〜」とつい大阪のオッサンになってしまいました。私、もののけのはずなのに。

531549748891.jpg
25%

そうしてたどり着いた神社はこんな場所です。

531550239116.jpg531550699997.jpg531551230129.jpg

まあ、小さい神社なのですが、密かに樹齢600年の欅の木があったり、樹齢700年の杉が有ったり。やはり歴史を感じさせますね。

この貴船神社のそばの街道筋には幾つか旅館が立ち並んでいまして、その横を流れる川で「川床」が作られています。暑い時期にはここで涼を取りながら食事をされる観光客の姿で賑わいます。

531551557469.jpg
街道筋

貴船にある店は、こういう旅館が大半なのですが、中にはこんなカフェも有ります。
531551898368.jpg
貴船ギャラリー

ここはちょっとしたギャラリーになっていまして、食器やお香などの生活雑貨が売られています。

531552202196.jpg

喫茶コーナーも有り、この界隈を歩き疲れた時のティーブレイクに寄るのも良いでしょう。私も此処でちょっと一服・・・。

531552447841.jpg

帰り道、25%の壁で私は風のように駆け抜けていきました。風というより「暴走もののけ」と言った方がいいかも知れませんが。

夏の担々麺

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

9月に入り、学生さんは夏休みも終わったはずなのですが、まだまだ暑さが続きます。私の住む京都でも、まだまだ暑さが続きます。

しかしこの「くそ」暑い中、私はこんなお店に行ってまいりました。


見ているだけでも暑くなりそう

よりによって、「担々麺」の専門店に行って参りました。ただでさえ暑さでのぼせそうだと言うのに、辛さが持ち味の食べ物なんか食べたらどうなってしまうのでしょうか?(ノープラン)。

このお店「担担」は、京都ではかなり有名なお店です。現に今回は日中に行って参りましたがこの暑いさなか10人程の列が出来ていました。もうみんな何を考えてるんだか(人の事は言えない)。

店内に入り、改めてメニューを確認すると、私の気分を見透かしたような品が出ていました。「冷やし坦坦」と。

実はこのお店の担々麺はそんなに辛くはありません。マイルドな辛さの中にゴマがすごく効いている、辛いのが苦手な方にこそ食べてもらいたい一品です。私も素直に担々麺とオーダーしようかと思っていたのですが、今回は冷やし坦坦に挑戦してみました。


あれ?普通の担々麺?

しかし、出てきたものは普通の担々麺に見えます。けれども、オーダーを間違えたかと思って器に触ってみると冷たい。間違えでは無いようです。

一口食べてみると、辛くない!何故かマイルドな酸味が口に広がります。その後に辛さがやってくるのですが、同時にゴマの風味もついて来ます。私、実はゴマ好きなのでこの感じは本当にたまりません(Ki-Tsu-Neなのだから油揚げが好物なんじゃないかって?どうでも良いじゃないですか)。

新たな食感に私はすっかりヤラれてしまいました。この爽やかな感じに、担々麺は夏でもアリだなと感心いたしました。

cafe&gallery etw

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京阪電車は神宮丸太町駅のそば。鴨川のほとりに、今回お邪魔したcafe etwは有ります。



このカフェは、ギャラリーが併設されていまして、私が訪れた日は何も展示は有りませんでしたが、スタイリッシュな雰囲気がアートを感じさせるたたずまいを見せています。





この日はとても暑く、涼を取るためにアイスクリームを食べました。夏の午後には、こういうのも良いですね。




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne