忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新トラックバック
最新コメント
[03/15 マナサビイ]
[09/03 Ki-Tsu-Ne]
[09/03 白くじら]
[08/24 Ki-Tsu-Ne]
[08/24 マナサビイ]
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649]  [647]  [646

北白川天然ラジウム温泉

こんにちは、Ki-Tsu-Neです。

京都には、温泉と呼ばれる施設があまりありません。おそらく、京都は地下水を汲むのを原則禁止されているからでしょう。私の記憶では、京都には2ヶ所だけ温泉が有ったはずです。

その内の1カ所、北白川天然ラジウム温泉に行って参りました。

私には交通手段が自転車しか無いのですが、この温泉、峠の途中に有るのです。坂道の距離は大した事はないのですが、その分きつい坂をひぃひぃ言いながら上がって行きました(一旦峠のてっぺんまで行こうとしたが、ここで完全にメゲたのは内緒)。


昭和な風情漂う建物

まあ、施設のネーミングが昭和ですよね。「ラジウム温泉」なんて所が。いまどきなら、「天山の湯」とか、「スパ・リフレ」とか、「大江戸温泉物語」とか付ける所でしょう。入っている人達は意外と温泉の成分なんか気にしてないかも知れません。

「ラジウム」かぁ。この元素、今では教科書くらいでしか聞きませんね。「ラドン」とか、「ゲルマニウム」とか。ゲルマニウムなんか、昔はトランジスタに必要な元素だったのに、今では肩こり治療ネックレスくらいにしか使われていません(しかも効能は全く無いし)
さて、施設の中に入ってみますと…

今年は昭和九十年

中の様子も、昔の温泉宿といった感じが…いや、古い温泉宿そのものです。しかし、部屋をよく見回してみると、こんな案内が…


まさかのFree Spot

ひなびた宿だと思っていたら、WiFi設定の案内が貼ってありました。実はひそかにサイバー空間です。なかなか侮れません。
お風呂の様子は、さすがに写真に撮れないので説明のみになってしまいますが、10畳くらいの浴室に、湯舟が1つだけ。しかも、その湯舟は5~6人も入ればー杯になってしまいます。まあ、いまどきのアミューズメントな温泉は期待しない方向で願います。

一風呂浴びた私は、少し寛ぐ為に大広間に行ってみました。そこには何人かが床に横たわっていました。しかし、その人達は大半がもう寿命が尽きそうな年寄りばかりです。温泉でリラックスを求めに来たのでは無く、湯治をしに来たといった方が良い感じです。中にはマミータイプの寝袋を持ちこんでいる人もいます。会話の内容も、やれ身体の節々が痛いとかやれどこそこが動かないとか、なかなか切羽つまったものが続きます。ファミリーが集うスーパー銭湯なんかには有りえない情景ですね。
命の洗濯を終えて、私は(根性無しなんで)坂道を転がるように下りていったのですが.建物を出た時に、自転車でさらに上に向かって登っていく人をみかけました。しかもママチャリで。人間、やる気になれば何でも出来るのだなと思いました(私はもののけですが)。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne