忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [39]  [38]  [36

呼吸(京都)

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

以前、このHPにて、「呼吸チョコ」なる物をご紹介しました。呼吸チョコについては昔の記事(過去記事はここ)を見てもらう事にしますが、この前まるしげ(リンクはここ)の店の前を歩くと、新たな「呼吸チョコ」が店頭に並べられていました。

その名も「呼吸チョコ・祇園」





祇園と言えば、京の古い街並みを色濃く残す場所であり、日本でも屈指の花街であった所でもあります。



祇園


前回「呼吸チョコ・北新地」のパッケージは、都会的なイメージを前に出し、すっきりとしたデザインでした。



呼吸チョコ 北新地


しかし、今度の「祇園」では、紅白の市松模様を配する・チョコの包みを黄色の銀紙にするなど、和風を強調したものになっています。




一粒ずつ銀紙に包装されています


中身はどうなっているでしょう?



緑茶色ですね


これも前と同じでティラミスチョコなのですが、チョコレートに抹茶が練り込んであるようです。一口かじってみましょう。

カリッ



アーモンドのローストは今度も深め


食べると、チョコレートの甘さと抹茶のほろ苦さが絶妙に混じり合い、まさに、和のテイストに溢れた一品に仕上がっています。

このティラミスチョコシリーズ「大阪・北新地」、「京都・祇園」をテーマに商品開発されました。そう来ると次は当然神戸をイメージしたものが出てくるのでしょう。神戸の中でも風情のある街並といえば、北野町あたりになるのでしょうか?あと、それらの街からイメージされるものとしてカレー味のチョコが出るかもしれません(北野町=インド=カレーというKi-Tsu-Ne独特の偏見)。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne