忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

火垂るの墓

これは反戦映画ではない
泣ける話では無い、恐怖する話である
教育は大切


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

火垂るの墓は、'88年4月に劇場公開されたアニメーション映画です。当時はとなりのトトロと同時公開され、主人公である子供2人がどちらとも死んでしまうストーリーのせいで、トトロ目当てで劇場に来た沢山の子供達が泣き出したという話が残っています。

私自身はこの映画を見たことは有りませんでした。背景が神戸大空襲後である事と、親を失った子供が貧困に追い込まれる話だと聞いて、何となく反戦の話だと思っていました。

実際は全く違いました。確かに主人公の子供達が転落していくきっかけは空襲で焼け出された事と、母親を失った事です。けれども、その先は、戦争が有っても無くてもこの子達は自滅しただろうと思わずにはいられません。

何故、彼らは自滅しただろうと考えたか。これからずらずらと書き並べていきます。
まずは、焼け出された後にたよって行った親戚の家で、主人公の一人である中学生のおにいちゃんは、次の行動を起こすでも無く妹と2人で無為に時間を過ごします。それをこの家の主であるおばさんにたしなめられると、仕事に就くでもなく近くの学校に通うもせず近くの防空壕に移り住んでしまいます。食べ物に困ると、このおにいちゃん。近くの畑から作物を盗んだり、空襲が有ると、空き家になった所に入り込み、火事場泥棒を働いたりします。しかも、物の価値が判らないのか、盗んだ着物が明らかに安物なのに「親の形見」だと言って売りつけた上、断られる始末。おまけに銀行へ親の預金をおろしに行った所で初めて戦争が終わった事を知る程の意識の低さ。
物語に出てきた部分を並べるだけでもこれだけの問題を起こしています。たしかに、私は子供に対してかなりきつい事を書いているのかも知れません。しかし、
  • この子達の父親は、海軍の、しかも駆逐艦に乗る将校である。
  • 母親が被災した際に付けていた指輪には、
    ドロップのように大きな石が付いていた(演出かも知れないが)。
  • この家族は、父親が職業軍人なので、
    生活に関しては間違いなく手厚い保護が有った筈。
等々

要は、この子達は明らかに裕福なエリートなのです。しかも、空襲によって着の身着のまま放り出された訳ではなく、一定の財産も持っていたのですし、海軍にでも事情を話せば生活援助も受けられていた筈なのです。

私には、このおにいちゃん。教育に失敗したNEETにしか見えません。14歳という年齢ならば、たとえ表面的にしか判らなくても世の中をもっと知らなくてはいけません。知識にしても余りにお粗末です。戦前・戦中の頃なら義務教育の期間は6年。昭和40年代以降と違い、12歳で社会に出ていく子供も多かったでしょうし、社会のリーダとして世に出るのならば尚の事、市井の様子わ解っているべきでしょう。

この映画が公開されてから20年。今まで何度も繰り返しTVで放送されて来ましたが、私にはその事に驚きを隠せません。ちゃんとストーリーを読むと、親が教育に失敗した無知で無軌道な子供が自滅するというものであり、普通に考えると視聴者が何度も見たくなるとは思えません。しかし、この映画、本質は反戦映画では無い分、これからの時代に強く訴えかけていく事になるでしょう。

PR

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

新キャラ投入は、あざとい
昭和へのオマージュはちょっとやり過ぎな所もアリ
「きもちわるい」と同じ位納得が出来るラストを迎えられるのか?

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

エヴァンゲリオンといえば、'95年に放送されたアニメーションで、その人気は単なるブームを越えて社会現象にまでなりました。

エヴァンゲリオンの中で語られる世界は、それまでのアニメと違い、キャラクタ達の内面をさらけ出し、彼らの抱える苦悩・葛藤を描き出した作品でした。
そして、「きもちわるい」という台詞で締めくくられる映画版のラストは衝撃的でした。

今回の映画版は、四部作の内の第二話です。そのため、作品全体の評価は今の段階では下せませんが、今回のお話について思ったことをつづります。

映画版の一話目は、TV版の初回からヤシマ作戦終了までをほぼトレースしたものでしたが、この二話目は展開が若干変わっています。アスカの登場からヱヴァ参號機が使徒に乗っ取られる辺りまでが出て来ますが、オリジナルとは少しづつ違っています。

このお話では、「真希波・マリ・イラストリアス」という新キャラクターが出て来ます。このキャラクター、
  • 武闘派
  • メガネっ子
  • 巨乳(おいっ)
の三拍子が揃っています。キャラクターの造形を見ていると、間違いなく人気は出るでしょう。ただし、彼女は今回の物語の主要部分には絡んで来ません。上映時間も限られているのに余計な人物を入れて来る意味が無いようにも思えます。次回以降に期待ということでしょうか?

また、作品全体に「昭和」に対するオマージュが沢山込められていますが、「今日の日はさようなら」や「翼をください」が流れて来た時には、描かれている場面とがあまりに不釣り合いだったので閉口してしまいました。

さて、今回の劇場版では、このタイミングでサードインパクトが始まってしまいました。これは予想外でした。私は「きもちわるい」前回の映画版のラストシーンが焼き付いているので、今回はこれと同じくらい納得のいく大団円を迎えられるのかが気になります。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (公式HP

レスラー

あまりに不器用な男の物語
ミッキー・ロークって、こんなにマッチョだったっけ
やっぱりランディが悪いんだけど・・・

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

ミッキー・ロークといえば、'80年代のアメリカ映画ではトップスターでした。彼は「ナインハーフ」に代表されるように当時は「セックス・シンボル」とまで言われる事も有りました。しかし'90年代に入ると、映画の出演回数がめっきりと減ります。

そんな彼が、渾身を込めて演じたのがこの作品「レスラー」です。

元々この作品、別の役者が主人公を演じる予定でしたが、監督がミッキー・ロークを主役にする事にこだわったために制作会社側から予算を大きく削られてしまったのだそうです。

けれども、出来あがった映画は、ベネチア映画祭の金獅子賞をはじめ、多くの映画祭で高い評価を得ました。

'80年代に一世を風靡したが、今では落ちぷれてしまったプロレスラー「ランディ・ロビンソン」。彼は平日はスーパーマーケットで働きながら週末はリングに上がる生活を続けています。ところが、ある試合の直後、彼は心臓発作を起こし、レスリングの出来ない身体になってしまいます。身体を壊した彼は、それまでの生活を振り返り、彼の娘との関係を修復し、なにより普通の人としての生活を手にしようと不器用ながらも歩みを初めます。ところが・・・。

人間、自分らしく生きる事、自分を変えていこうとする事。どちらもつらい事なのかと思うと切なくなってしまいました。

あと、主人公ランディと彼の女友達との会話で「昔の曲は良かった。ガンズ&ローゼス、モトリー・クルー・・・。お気楽な'80年代万歳。ニルヴァーナで全部パア」というようなやりとりが有りました。なんだかミッキー・ローク自身の生きざまにオーバーラップしているようでいたたまれな気持ちにさせます。

レスラー(公式HP

ノウイング

謎解きは理に叶っている
聖書まで出てくる壮大な話
でも・・・ラストは・・・


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。




ノウイングを見てきました。




ニコラス・ケイジが主人公で天文学の教授役をしていましたね。



お話は、主人公の息子が、
彼の通う小学校の創立記念イベントで、
数字の羅列が書かれた50年前の紙を持って帰る所から始まります。




主人公は、
その紙に書かれた謎を解き明かします。



それは・・・



世界で起こる大災害の日と場所、
そして死者の数。




しかも、その数字の最後には
数字で無いものが書かれています。



EEと書かれていました。



EEの意味は・・・、



み~んな。





主人公は、この世の破滅を阻止するために、必死に手を尽くします。



その結果は・・・。



(ここからネタばれなんで、見たい人は文字を反転してね)



結局、太陽のフレアで、
みんな死んじゃうのね。

まあ、
聖書から
インスパイアーされた作品なのは解るけど

みんな死んじゃうのは
どうなのかなぁ。

これじゃあ
救いもなにも無いし。

今のご時世じゃあ、
こんなラスト見る余裕のある人って
少ないんじゃ・・・。

(ネタばれおわり)

ラストは、
手前味噌で人類本意(自分本意)な上に
おきらくごくらくだったけど、
「トランスフォーマ:リベンジ」の方が
今の世界の人達にはいいんじゃないのかもしれないなぁ?
私はあんまり好きじゃなかったけど。

ターミネーター4

スピンアウト作品のような感じ
身の置き所の無い者の悲哀
CGでもシュワが居なくちゃ

ターミネーターと言えば、アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作となったSF映画です。

あらすじは、主人公「サラ・コナー」を殺す為にシュワルツェネッガー扮するアンドロイド「T-800」が未来から送り込まれ、それを阻止する為にやはり未来から「カイル・リース」という青年が送り込まれるという物です。

今回の作品は、「スカイネット」というコンピュータネットワークが世界を滅ぼした後の話です。

サラ・コナーの一人息子であり、スカイネットに対する抵抗軍の英雄「ジョン・コナー」は、抵抗軍司令部より自分がスカイネットの殺害予定者リストの上位にいる事を知らされます。
そのころ、廃墟と化したロサンジェルスでは、ある記憶喪失の男がカイル少年と出会います。

物語は、この記憶喪失の男を軸に動いていきますが、今までのターミネーターと違い、大分趣が違います。「スカイネット」が世界を滅ぼした後の話であり、アンドロイドや殺人マシンが地上を闊歩しているのが背景にあるからでしょう。

私の印象は、今までのシリーズとは別物であり、昔のターミネーターをイメージしてこの作品は見ない方が良いと思いますが、ターミネーターのスピンアウト作品として見れば結構満足できました。
特に、心ならず宙ぶらりんな立場に立たされた記憶喪失の男にふりかかる事柄を思うと、どこにも身の置き所が無い人間(?)の悲哀を感じずにはいられません。

あと、アーノルド・シュワルツェネッガーが生産したてのターミネーターとして出てくる所は、やはりこのシリーズはこの人有っての物だとつくづく思いました。たとえ、シュワちゃんがCG映像だとしても(髪の毛沢山、コナン・ザ・グレートの姿に近いですね)。

それから、小道具としてSONYのミニパソコン「VAIO TypeU」が使われていました。ゲームのコントローラみたいな形で、個人的にはあまし好きなマシンでは有りませんでしたが(小さい割には携帯性は無視されてましたし)、その未来的なデザインがこの映画の情景にマッチしていました。

トランスフォーマー:リベンジ

寄木細工のぶつかり合い
ハァハァ・・・
今のアメリカ人の気分にマッチしているのかも


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

この映画は'07年に公開された「トランスフォーマー」の続編です。トランスフォーマーと言えば、地球上の車などに乗り移った異星生命体が、敵の生命体から地球を守るというものでした。元々日本発のアニメーションで、この映画はアメリカからの逆輸入物だといえます。

続編映画なので、おさらいが必要かどうかと言われると・・・、本当は必要な筈ですが、どっちでもいいです。前作からの話なんか気にしてはいけません。おまけに言ってしまうと、話自体は「宇宙から悪い奴等が来たからやっつけろ」なので、話の展開を楽しむ余地は有りません。

映像は、トランスフォーマー達が一瞬の間にロボット体型になったり、車や飛行機になったりで、そういう変身の面白さは有りました。でも、トランスフォーマー同士が戦っているシーンは、車のパーツがぶつかり合っているばかりで、何がなんだか解りにくかったです。

あ~、もう正直な事を書いてしまいます。私にとってはかなり退屈でした。ギャグのポイントはお下劣なのが多いし、戦闘シーンは多分お金がかかっているはずなのに箱根の寄木細工をぶつけ合っているようにしか見えないし。まあ見物と言える所は、カマロのカスタムカー(GM製)とか、F-22ラプター(アメリカのとてつもなく値の張る戦闘機)とか、
今のアメリカではダメダメになっている物達が暴れ回る所でしょうか。

この映画、アメリカではかなりうけているようで、公開からまだ1週間ほどしか経っていませんが、すでに今年度一番の興行高をおさめそうな勢いです。私は前作で十分だと思いましたが、このお下劣さと脳天気さ加減がアメリカ人達の今の気分にマッチしているのでしょう。こういう映画が流行る事を思うと、アメリカはまだ今の社会情勢からは立ち上がれないのだろうなと、ちょっと悲しくなりました。

トランスフォーマー:リベンジ(公式HP
トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション(前作のDVDです)




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne