忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[91]  [89]  [86]  [80]  [74]  [70]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドグラ・マグラ

胎児よ

胎児よ

何故躍る

母親の心がわかって

おそろしいのか



こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

青空文庫で公開された「ドグラ・マグラ」(リンクはここ)、読みました。

精神に異常をきたす事は有りませんでしたが、自分自身の存在が信じられなくなるような気にさせられました。まさに「奇書」の謳い文句にふさわしいものでした。

物語は、ある精神病棟の一室で、ブウウ―――ンンという蜜蜂のうなりのような時計の音と共に目覚めた、一切の記憶を失った「私」自身を探す事から始まります。

しかし、話は「地球表面上が狂人の一大解放治療場」という論説、「キチガイ地獄外道祭文」による精神病治療の批判。果てには「ドグラ・マグラ」なる同じ病棟に収容されている患者に書かれた小説まで登場する始末。さまざまな出来事が渾然一体となって進んで行きます。

さて、これ以上は興味の有る方々に直接確認して貰う事として、「ドグラ・マグラ」について扱っているサイトを紹介します。

ドグラ・マグラによっていかんね!(リンクはここ)
ここは、「ドグラ・マグラ」に出てくるキーワードを、このサイトの主催者が独自の見解で説明を行っています。「ドグラ・マグラ」を一度読んだ後の副読サイトとして利用される事をお勧めします。

圧縮ドグラマグラ(リンクはここ)
現代人は時間があまり無いと言われています。しかし、「ドグラ・マグラ」は1回読破する程度ではその全てを理解するのは不可能だとも言われています。そこで、このサイトを見れば何十回でも繰り返し読む事ができます。もっとも、それで内容を理解出来るかどうかはまた別の話です。

さて、このサイトを読んでいるあなたは本当にあなた自身なのでしょうか?
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne