忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[538]  [531]  [530]  [527]  [522]  [518]  [515]  [510]  [508]  [506]  [504

Disney's クリスマス・キャロル (2D)

ええ話しやぁ
でも、ちょっと退屈
2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名なものの1つで、今まで何度も映画化されています。

今さっき知ったばかりですが。

さて、この作品、主役はジム・キャリーが声を当てています。主人公の「スクルージ」は、ロンドンに住むひとりよがりで偏狭な金貸しで、目つきは鋭く、あごは大きくしゃくれた老人です。恥ずかしながらKi-Tsu-Neは、この映画、最初はフルCGだとは気づきませんでした。というのも、ジム・キャリーは以前実写の作品で似たような顔のメイクで出ていたので、今回も一緒かな?と思ってしまいました。

お話自体は、さすが100年以上も語り継がれる内容であり、GMやゴールドマン・サックスの破綻を経験した現代の方がむしろ理解されるものです。しかし、映像が3Dを前提にしたものだからなのでしょうか、平面ではちょっともの足りません。私は始めの15分くらいの辺りで、つい、眠ってしまいました。

この話しに出てくる3人の精霊たちの内、1番目の精霊が微妙に気持ち悪い顔をしていたお陰で、その後は眠る事無く最後まで見られました。でも、この映画は3Dで見るべきでしたね。話しが単純なだけに、ちょっと退屈してしまいました。皆さんが見る時には、3Dの方をおすすめします。

さて、この9月頃に聞いた話しですが、来年以降のハリウッド発のアニメは3Dが主体になっていくそうです。観客の関心をより多く得るためにそうしてゆくのは解りますが、アメリカのアニメ界にはストーリーや意表をついた映像表現を作れる人材が居ないのだろうかと、つい勘ぐってしまいます。


PR

TBありがとうございます
私も2Dでした。
多分に3Dを意識した作りになっているな、と思いました。
吹き替えが嫌だったのですが、皆さんの感想を見ると結構良かったようです。
後は価格差ですね。
1800円と2000円だとわずか200円ですが、1800円では見ませんから。
(各種割引を利用するので、、)

ハリウッドでは、アニメだけでなく実写も3Dが主流になっていくと思います。
やはり興収がぐっと違うらしいです。
Re:TBありがとうございます
こんにちわ、KGRさん。Ki-Tsu-Neです。

私も吹き替えはあまり好きでない上に、この作品がアニメ作品なので、吹き替え版を見てしまうと何のための主演「ジム・キャリー」なのか?となってしまうので、2Dを選びました。

まあ、3Dならば簡単に迫力のある映像が出来るのは解らないでもないのですが。私自身は特撮映画が好きでしたし、昔の特撮は「この映像はどうやって撮ったんだろうか?」と考える楽しみが有ったのを思うと、最近のCG映像・3D映像には物足りなさを感じますね。
【 管理人Ki-Tsu-Ne 2009/11/19 22:48】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
映画「Disney’sクリスマス・キャロル」
109シネマズ木場。 ジム・キャリー、ゲーリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン。 *** 「クリスマス・キャロル」については既にご承知のとおり。 エベニーザ・スクルージという強欲でけちな嫌われ者の高利貸しが、 クリスマス・イブの夜、過去、現在、未来のクリスマスの幽霊に 連れまわされて改心し、その後は幸せに生きる物語。 * スクルージ(ジム・キャリー)は、同僚のジェイコブ・マーレイの死の7年後。 クリスマス・イブには、甥のフレッド(コリン・ファース)のディナーの誘いを断り、 寄付の依頼人にはけん...
URL 2009/11/19(Thu)18:20:04
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました〜♪ (本人の姿ではないけど) ゼメキス、近年は「ベオウルフ」で既に3D作品は製作済み。 本当はキャストの声が聞きたいし、字幕を観たかったんだけど せっかくの3D仕様だし、と思い吹替えで我慢したけど正解{/light/} 数年前に観た、...
URL 2009/11/19(Thu)23:21:03
Disney's クリスマス・キャロル
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといった豪華俳優陣がキャスティングされている。特にジム・キャリーは1人7役の大活躍だ。
URL 2009/11/19(Thu)23:24:05
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん〜」と「アバター」だった。
URL 2009/11/19(Thu)23:37:12
Disney’s クリスマス・キャロル
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンドン....
URL 2009/11/19(Thu)23:45:47
Disney'sクリスマス・キャロル
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナー、マーレイ(ゲイリー・オールドマン)の亡霊が現われて、スクルージを彼自身の“過去”“現在”“未来”のクリスマスをめぐる時間の旅へと連れ出す精霊がくると予言する―     監督 : ロバート・ゼメキス 『ベオウルフ/呪われし勇者』...
URL 2009/11/19(Thu)23:47:33
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予告....
URL 2009/11/20(Fri)09:30:40
Disney's クリスマス・キャロル
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
URL 2009/11/20(Fri)14:46:10
『Disney's クリスマス・キャロル』
【Disney's a Christmas Carol】 2009年/ディズニー/97分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
URL 2009/11/20(Fri)15:03:32
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった
URL 2009/11/20(Fri)15:13:41
映画『Disney'sクリスマス・キャロル(3D)』★拝金主義を戒める精神訓話
 19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督ロバート・ゼメキス監督が、モーション・キャプチャーCGアニメーション映画として蘇らせた作品。  娘(小3)&息子(小6)と家内と私で、3D版を見てきました。 (まだご覧でない方にはネタバレになります)
URL 2009/11/21(Sat)09:19:53
映画『Disney'sクリスマス・キャロル(3D)』★拝金主義を戒める精神訓話
 19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督ロバート・ゼメキス監督が、モーション・キャプチャーCGアニメーション映画として蘇らせた作品。  娘(小3)&息子(小6)と家内と私で、3D版を見てきました。 (まだご覧でない方にはネタバレになります)
URL 2009/11/23(Mon)12:53:15
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ!
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリスマス・ストーリー。』なんだということは一般常識として知っている。 しかし自分は、子供が小さい時に買って読み聞かせていた「ミッキーのクリスマスキャロル」という絵本で読んだだけで、原作は読んでいない。 こんな大人ってダメなのかなあ・・・などと考え...
URL 2009/11/24(Tue)10:07:23
クリスマス・キャロル
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
URL 2009/11/24(Tue)14:56:20
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ!
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのどちらかを観たかで、きれいにこの映画の評価が分かれていることに気付いた。 もともと吹き替え版をあまり好まないので、字幕スーパーを選んだのだけど、これは出来れ3D版も観ておきたいなあって思ってしまった。 今まで3Dの映画も数々あっ...
URL 2009/11/26(Thu)23:33:06
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり>
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
URL 2009/11/27(Fri)03:48:46
「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽...
「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★ ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演 ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本人でも聞いたことある クリスマスの童話、 人に優しくしようという、しごく健全な 道徳的なお話、今更とも思ったが...
URL 2009/11/27(Fri)07:50:45
クリスマス・キャロル
- ディズニーが完全映画化! - 一週間前なのですが… レディースデーに、ディズニーの『クリスマス・キャロル』を観てきました! どうしても‘字幕版’で観たかったので、レイトショーに1人で鑑賞。(地元のワーナー・マイカルでは、字幕版はレイトショーのみの上映なのです) 先週は、本当は遊びに行く余裕なんてなかったんですけれど…家で1人で作業(例のアルバム)をしていると煮詰まって煮詰まって…「ここまで作業したら●を食べる!」とか「ここまで進めたら映画に行く!!」等々、‘自分にご褒美’をチラつかせつつ、...
URL 2009/11/28(Sat)02:03:19
Disney's クリスマス・キャロル
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝う?」と皮肉を言う。 そんなクリスマスイブに帰宅すると、7年前に亡くなった共同経営者の亡霊があらわれ「この世でひどいことをした報いでいま苦しんでいる」と警告していく。 そしてその後3人の精霊が現れ、過去・現在・未来の現実を見せつけられる。 ...
URL 2009/12/07(Mon)21:30:26
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た]
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧に描いていけば、同じくクリスマスシーズンが舞台となる『忠臣蔵』と同じく、外れのない出来となるでしょう。  CGでデフォルメされているとは言え、主演のジム・キャリーの動き・表情を見事に捉えていることに代表できる画像取り込みの演出は繊細で、  19世...
URL 2009/12/16(Wed)01:40:16
映画:Disney’s クリスマス・キャロル
> 昨年2009年のクリスマスにDisney’s クリスマス・キャロルを観てきました。  記事にするのが年越しになってしまいました・・・。年を越しちゃうと正直記事にする気力が・・・。なのでちょっと手抜き記事になっちゃうかも知れませんがご了承のほどを。
URL 2010/01/04(Mon)02:44:24

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne