忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[504]  [501]  [499]  [497]  [496]  [493]  [489]  [488]  [485]  [484]  [483

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

話の内容が無い割には盛り上がる
Half Blood Princeは彼だったのか・・・
最終巻が二部作というのはツライものがある


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

ここ近年で最も良く売れた小説「ハリー・ポッター」。小説は最近、最終巻の7巻が日本でも発売されましたが、映画版のハリー・ポッターは小説の6巻目に当たる作品が公開されました。

小説版のハリー・ポッターは、最終巻へのつなぎとも言える内容で、全体的には盛り上がりに欠ける内容なのだそうです(Ki-Tsu-Neは未読です)。最終巻に向けていろいろ伏線を張っているからなのでしょう。映画版も1,2作目あたりと比べると話しの内容は薄いのですが、映画には「映像と音」が有る分、見応えは有りました。

小説を映像化する場合、小説のページ数は100ページ位が丁度良いという話しを聞いた事が有りますが、今回の作品の場合、小説自体の内容が少ないせいで映画化をする際には余裕が出来たのでしょう。

この映画のエンドロール。一番最後に次回作(最終巻ですね)の公開予定時期が表示されるのですが、私はそれを観て驚きを隠せませんでした。というのも・・・。
・第一部 2010年11月公開
・第二部 2011年8月公開
と二部作になっていたからでした。2つに分けるのは勘弁して欲しいとも思いましたが、ハリー・ポッターシリーズの謎を解き明かし、大団円を迎えるにはこの位の尺が要るのでしょう。

ハリー・ポッターと謎のプリンス(公式HP
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(お薦め度★★★★)
監督、デヴィッド=イェーツ。脚本、スティーヴ=クローヴス。原作、J=K=ローリン
URL 2009/10/03(Sat)10:41:14
ハリー・ポッターと謎のプリンス
J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの 映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿 との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。ヴォルデモート卿の支配力が強力になっていくなか、その脅威がホグワーツ ..
URL 2009/10/03(Sat)22:53:50
★「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
今週の平日休みは、 ハリポタ・シリーズの第6作目。 このシリーズは4作目から劇場鑑賞してるひらりん。 だんだん大きくなっちゃって・・・と、 誰もが出演者の成長を見守ってるシリーズだよね。
URL 2009/10/04(Sun)01:51:22
『ハリーポッターと謎のプリンス』
  クライマックスはここから始まる!   ■魔法界から、私たちが住む人間界に入り込む闇の魔の手――。未来を救うカギは「過去」にある!時をさかのぼり、ついに見つけた宿敵ヴォルデモート卿の最大の弱点。隠し続けてきた命取りの秘密とは?行く手に待ち受けるまさか
URL 2009/10/05(Mon)05:06:48
ハリー・ポッターと謎のプリンス(吹き替え版)
“ハリー、これが最後の頼みじゃ”
URL 2009/10/05(Mon)08:32:24

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne