忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[508]  [506]  [504]  [501]  [499]  [497]  [496]  [493]  [489]  [488]  [485

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岐阜 その2

長良川の鵜飼の観覧船に乗り込み、カオスな民謡を聞き、日もとっぷりと暮れた所で、いよいよ鵜飼が始まりました。

20091010A.jpg

鵜飼は話しやTVなどで見聞きした通りです。しかし、間近で見るのはやはり面白い。鵜匠が沢山の鵜を操る様は何とも不思議な光景でした。あれだけ何羽も鵜を放って、よくひもが絡まないものです。

鵜飼が一段落したら、鵜飼の船も観覧船も体制を替え、複数の鵜飼の船が横一列になりながら鵜飼をして行きます。


鵜飼の船が目の前を過ぎ去ってゆき、鵜飼の観覧は終わり。あっという間の90分でした。

鵜飼が終わり、私はホテルに戻り(たまの贅沢)、遅い夕食をとりました。食事は炉端焼きの店に入ったのですが、そこのメニューには鮎の塩焼きが入っていました。しかも、3種類です。読んでみると・・・。

鮎(養殖) 900円
鮎(天然) 2200円
鮎(鵜の歯形の付いたの) 4300円(たしかこの位)

やっぱり、鵜が捕まえた鮎は珍しいのでしょう。えらい値段です。私は気になり、店のマスターに尋ねました。
「鵜飼の鵜が捕ったのはやっぱり貴重なんですねぇ。さぞや美味しいんじゃないですか?
しかし、マスターは、
「いやいや、鵜が捕ったやつは川の下流に棲んでるので味はいまいち。天然物はこのあたりよりはるかにきれいな清流で育っているから、そちらの方がおすすめですよ。」
との事。人生って、名よりも実を取る方がより豊かに過ごすことが出来るものなのでしょう。もっとも私は万年金欠なもののけなので、名も実も(養殖でさえも)取る事が出来ませんでしたが。

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne