忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恐竜ラボ、狭いなー

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

先日、大阪・長居に行きました。長居というと、やはり・・・。


セレッソ大阪


ですね。もっとも、ここの場合はスタジアムが大きいだけで、チームはJ2ですから、我ら京都サンガの敵ではありません!あ、でも、最近のサンガの調子を考えると、またリーグ落ちして、来年はこちらのチームのお世話になるかもしれません。(セレッソさん、暴言吐いてすみません。関西つながりなので応援しています)

え~、今回はサッカー観戦では無く(そもそもこの日は試合はありませんし)、同じ長居公園にあるこの催し物に行って参りました。


本日のメイン


長居公園内にある大阪市立自然史博物館では、「ようこそ恐竜ラボへ!」と題した特別展示が行われています。この催し、当日券での入場は1100円かかるのですが、私は前売りで1000円にて入場しました。

さて、入り口をくぐると、何故か恐竜をモチーフにしたTシャツや文房具、食玩などが並んでいます。


首飾りも置いてました


その中にダイヤブロックで出来た恐竜が並べられています。



こういう小さなブロックで大きな動物などを作るのはよく見かけますが、使っているブロックが「ダイヤブロック」という所が大阪らしいですね。


ダイヤブロック


さて、3分後に次の部屋に入ると、化石の発掘現場の様子が再現されています。床には実際に掘り出されている化石の写真が貼られたり、大型ディスプレイには化石を掘り出す瞬間が映し出されています。そして、掘り出された化石は石膏をしみ込ませた布に包まれて、化石の研究所に送られます。



発掘現場で1分30秒ほど過ごしたら、次は化石の研究所です。研究所では移送された化石の復元作業の様子を再現しています。バラバラだった恐竜の骨を並べなおしたり、不明な部分は継ぎ合わせたり。

そうして復元した化石から割り出した恐竜の姿がこれらです。


ラボの様子


どんな名前の恐竜だったか忘れてしまいましたが、今にもこちらに走り出して来そうですね。よくできています。つい3分ほど見入ってしまいました。



そして、そのとなりにはアロザウルスの骨格を復元したものが置いてありました。



全体の長さは約4mほど。こうして見ると結構大きいものですね。説明を読むのも含めて2分ほどは過ごしたでしょうか?それでは次の展示に行ってみましょう。

あれ?

出口です・・・。

もう、終わり?


お帰りはあちら・・・


いくら当日券よりも安い値段で見たと言っても、たった10分程度で見終わってしまう位の内容ではあまりに寂しすぎます。映画だって、1500円の前売りで2時間は十分楽しめるというのに・・・。

そういえば、この恐竜ラボの会場。大阪市立自然史博物館でしたね。やっぱりお金の無い大阪市だからなのでしょうか?市民サービスとして行っているイベントも節約モードに入ってしまっているのでしょう。

最後に、恐竜ラボの隣にあった温室の様子を見ていただきましょう。



この温室で、おじいさんがあじさいの写生をしていました。Ki-Tsu-Neは絵が巧い人にあこがれてしまうんです。それでは、また。
PR

若草山の山焼き

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

先日、古都・奈良に有る若草山の山焼きに行って参りました。

季節感が無く、馬鹿馬鹿しいネタを連発するこのサイトには珍しくまともな時事ネタです。まるで普通の日記サイトのようです。

奈良公園には17時頃に到着しました。日が暮れるまでまだ時間が有ったので、山焼きの舞台となる若草山をパチリ。



若草山


名前に若草と付いてはいますが、やはり冬の真っ盛りだからなのか、山全体が文字どおり枯れ草色になっています。

山肌をよく目を凝らしてみていると、いくつか黒い点が動いています。どうも地元の消防団の方々が山焼きの点火準備をしているようです。



真ん中のシミみたいのが消防団の方々 アリンコみたい


しばらく時間を潰しているといつの間にか日が暮れていました。山の方を向いても真っ暗で良く解りません。



山が見えない


時間は17時50分。山の方から突然「ドーン」という音が聞こえてきました。音の方に顔を向けると、花火が上がっています。



実は結構大きい


若草山の山焼きは、点火の10分前に花火を打ち上げます。その数、200発。200発と言う無かれ。その200発を大体5分くらいで打ち尽くす訳ですから、華やかさは下手な花火大会よりも上かも知れません。

花火も打ち尽くし18時の点火時間を迎えました。
山の中腹をぐるりと囲んだ形で火が放たれました。
順調に行けば15分程で山全体が燃え上がります。



あれ?

なかなか火が広がりません。
いつまで経っても中腹あたりでしか燃えていません。
30分程待っていましたが、全く変化が有りません



スナップ写真用のデジカメだと全然わけが分からない


結局見飽きて、帰ってしまいました。
花火のあたりまでは見ていて気分も盛り上がっていたのですが、山焼きの燃え方が中途半端なおかげでいまいち消化不良でした。来年はもう少し綺麗な山焼きを見たい所です(来年も行きたいらしい)。



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne