忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
[03/15 マナサビイ]
[09/03 Ki-Tsu-Ne]
[09/03 白くじら]
[08/24 Ki-Tsu-Ne]
[08/24 マナサビイ]
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[634]  [633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624

池田屋

こんにちわ。Ki-Tsu-Neです。

先日、また一乗寺界隈を訪れました。このサイトを訪れる聡明な方々ならお解りだと思いますが、ラーメンを食べに訪れました。

一乗寺付近に付き、お目当ての店には着いたのですが、ここで私はふと困ってしまいました。私は自転車で来ていたのです。最初私は路上駐車でもと考えたのですが、店に着いたと同時に雨が降り始めました。しかし間の悪い事に、目当ての店には駐車スペースが有りません。あわてた私はこの店に入るのを諦め、すぐそばに有る駐車スペースの有るお店に飛び込みました。それがこのお店。

20110521A.JPG
店構えはいたってシンプル

どうも、最近出来たばかりのお店のようです。店構えはいたってシンプル。店の中も、カウンターが8席程で、飾りっ気は全く無し。殺風景と言い換えてもいいでしょう。

ラーメンの券売機を見ると、ラーメンは普通のラーメンと豚ラーメン。サイズは小と大。この前訪れた「夢を語れ」と同じですね。
とりあえずは普通のラーメンで小サイズをにしようかと思案をしていた所、ここの店主が一言「小サイズは2.5人前くらいありますよ」。

え゛っ?

危うく「夢を語れ」での「アベックでつつき合う鍋地獄」を再度味わう羽目になる所でした。そして店主はさらに「プチラーメンでも大盛りサイズくらいになります」。


プチ【petit フランス語】「小さい」「かわいい」「ちょっとした」などの意
(広辞苑第六版より)

「ぷち」の使い方間違ってるし・・・

食べる前から軽いめまいを感じた私は、他に選択肢の無い状態で「プチラーメン」を注文しました。

席に座ると、左の奥の方に「タライ」に顔を突っ込んでいるお客さんが居ました。いや、これは私が話を作り過ぎてしまいました。実際は「タライ」程のサイズのドンブリにもやしが山盛りになったラーメンを食べているお客さんが居ました(どんだけ喰うんや?)。

暫く待つと、どんな代物が来るのかと戦々恐々としている私の目の前に「プチとはとうてい言えない」プチラーメンがやって来ました。

20110521B.JPG
もやしどっさりで、麺が見えない

でも、味の方は結構いけます。とんこつ味で、かなりこってりとはしていますが、不思議としつこさはあまり有りません。豚肉も(一応プチを頼んだおかげか)普通の大人くらいの方なら満足できる程度の量ですし、噛むとほろほろっとした歯ごたえがなんともいえません。麺も細うどんくらい有るかなり太めのちぢれ麺ですが、ぷりぷりの食感が食欲を誘います。

私が思うに、この一乗寺の周辺は大学が多いせいか、若いお客さんが訪れる事が多いのでしょう。そのため、見た目が少々大雑把でも量が多い方が喜ばれるので、こんな感じのラーメンを出す店が多いのかもしれません(一乗寺の全部のお店を見た訳では無いので本当かは解りませんが)。

20110521C.JPG
聖地巡礼という訳では有りませんが、近くを通ったので1枚


PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne