忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[268]  [267]  [266]  [264]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256

崖の上のポニョ

まあ、お子様向け
宮崎駿の名が無ければ田舎の公民館辺りを回っているアニメっぽい
お母さん同士の話し合いは所帯じみている


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

見てきました。ポニョ。元々見る予定は無かったのですが、何となく見に行ってしまいました。

宮崎駿の期待の新作というふれこみで公開はされはしたものの、私が思うには、時々田舎の公民館辺りに来る地味な子供アニメのように見えてしまいました。

ここでは、通しでのお話は紹介しません。ネタばれをしたくないからでは無く、物語が破綻しているせいです。
まあ、子供向けアニメという事を差し引いてさえもいろいろ突っ込み所は多いのですが、最たるはXXしたおかげで「世界は救われた」という事になってしまう所でしょう。前回作品「ハウルの動く城」でも同じようなラストを迎えてましたが、話の締めとしてはあまりに大ざっぱ過ぎです(でも私は気にしない、話の破綻には私は寛容)。

でも、さすがに、ポニョのお母さんと宗介(ポニョの相手役)のお母さんが2人で話し合いをしているシーンは、話の内容をオープンにしなかった分かえって所帯じみた感じがしてしまいました。あそこではもしかするとポニョの養育についての詰めの話がされていたのかもしれません。例えば、

ポニョ母「これから食料の心配をしないように、毎週鯛を1匹、鯖を2kg。それにわかめを2kg送りましょう」
宗介母「そんな海産物ばかりじゃ困ります。人間が生活するには食料以外にも必要な物が有るんです。第一、宗介は鯖アレルギーなんですよ。」
ポニョ母「(やや怯みながら)それでは毎月真珠を50匁届けるようにしましょう」

などというおよそ子供には聞かせられないやりとりが有ってもおかしくはありません。

崖の上のポニョ(この曲、何故か頭の中にまとわりついて離れなくなりますね)

崖の上のポニョ(公式HP

出演:山口智子/長島一茂/天海祐希/所ジョージ
監督:宮崎駿
2008年7月公開
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
崖の上のポニョ 観てきました
 夏休みも終わりに近づいてきましたが、ようやく崖の上のポニョを観てきました。
URL 2008/10/18(Sat)23:43:02
『崖の上のポニョ』
□作品オフィシャルサイト 「崖の上のポニョ」□監督・原作・脚本 宮崎駿 □キャスト(声優) 山口智子、奈良柚莉愛、土井洋輝、長嶋一茂、所ジョージ、天海祐希、吉行和子、奈良岡朋子、矢野顕子■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 来たぁぁぁぁぁ〜 メイちゃんがおさかなになって戻って来たぁぁぁぁ〜〜〜 4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた作品は原点に立ち戻り、素朴で且つ心温まるファンタジー。 そのベースに置いたのはアンデルセン童話の「人魚姫」だとか。 ...
URL 2008/10/19(Sun)11:13:27
『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか?
 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。  長男の宮崎吾朗氏は1967年1月の生まれ。  たしかに息子さんが成長...
URL 2010/02/07(Sun)18:44:47

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne