忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
[03/15 マナサビイ]
[09/03 Ki-Tsu-Ne]
[09/03 白くじら]
[08/24 Ki-Tsu-Ne]
[08/24 マナサビイ]
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[206]  [203]  [202]  [201]  [198]  [197]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191

関西にもんじゃ焼きは馴染むのか

こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

もんじゃ焼きと言えば、関東では一般庶民に広く食べられている食べ物です。関東の人たちにとっては、いわばソウルフードともされていて、関西におけるおこのみ焼きと同じようなものとされています。いや、場合によってはそれを凌ぐのかもしれません。

たとえば、東京の下町・月島では、もんじゃ焼きの店ばかりが並ぶ通りがあります。確かに関西には多くのおこのみ焼きの有名店が有りますが、さすがに「おこのみ焼き通り」というものは有りません。

しかし、このもんじゃ焼き。関西ではあまり人気が無いようでして、私の知る限りでは関西には京都の1店舗を除いてもんじゃ焼きを出すお店は有りません(この京都のお店、話題だけの所では有りません ちゃんとしたもんじゃ焼き屋さんです)。

多分、関西人にはあのどろっとした感覚が好きになれないからかも知れません。おこのみ焼きと違って、いつまで経っても固まらないので、「いつ食べたら良いのか判らない」というもどかしさも有るのでしょう。

さて、私がいつものようにコンビニエンスストアをうろついていると、こんな物が売られていました。


もんじゃ焼き風


もんじゃ焼き風の焼そばだそうです。これは、関西人に対してストレートにもんじゃ焼きをアピールしても、あまり見向きもされないだろうという事を見越した策なのでしょう。

変わったもの好きの私は例の如く、この焼そばを買ってしまいました。


中身はこんな感じ


もんじゃ焼き風をわざわざ謳っているのですから、何か特別な仕掛けがあるのかも知れません。私は、このもんじゃ焼き風焼きの作り方を熟読しました。多分十行程度の内容だったと思います。しかし、その短い文を私は5~6回ほど読み返しました。そして、その結論は・・・。普通のインスタント焼そばと一緒

調理の際に、敷居が特に高い訳では無い事を確認出来たので、手早く作り上げました。それがこの写真。


完成!


えーっと、完成したのは良いのですが、どうも見た目普通のインスタント焼そばと全く変わり有りません。


アップ


無駄にアップにしてみました。揚げ玉が入っていますね。その位しか書く事が有りません(嫌な予感が膨れ上がります)。


味の方は・・・・・・・・・





Ki-Tsu-Ne、違いの解らない男(もののけですが)。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne