忍者ブログ
ここは齢200歳を超えるもののけの「Ki-Tsu-Ne」が、世界にむけて有ること無いことを発信するサイトです。
おひまなら見てよね
運営費をねじり出すため、クリックして下さい


バンダイチャンネル
AEON BIKE
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
[03/15 マナサビイ]
[09/03 Ki-Tsu-Ne]
[09/03 白くじら]
[08/24 Ki-Tsu-Ne]
[08/24 マナサビイ]
ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
プロフィール
HN:
Ki-Tsu-Ne
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
ここは齢200を越えるもののけ「Ki-Tsu-Ne」が、とある山にある小さな祠から世界に向けてあること無いことを発信する場所です。

このサイトへのリンクはフリーです。というか、バンバン張ってちょうだい!!
拍手ください
お便りはこちら
メールアドレスです
メールをされる場合は ↑ をクリック
メーラーが立ち上がります
アーカイブ
カウンタ
[450]  [443]  [442]  [439]  [436]  [434]  [429]  [425]  [422]  [420]  [419

スラムドッグ$ミリオネア

知識は経験から付くものと言いますが、これは辛い
インド映画だからやっぱり最後はダンス


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

昨年発表された映画の中で一番大きな話題を呼んだ「スラムドッグ$ミリオネア」を見てきました。

この映画は、クイズ・ミリオネアに出場したある青年が、何故連続正解を続けたかを描いたものです。
彼が何故回答を出す為の知識を得たかについては、平たく言えば、彼のそれまでの生い立ちの中で得たものなのですが、その過程は余りに辛いものでした。

今、日本では「貧困」という事が言われていますが、本当の貧困は、この映画で描かれているものを言うのでしょう。BRICsという言葉に代表されるように、最近インドは経済成長を続けていますが、低所得者層の底上げはまだ暫くはかかるのでしょう(いや、底上げなどというものは叶わないのかもしれません)。

この映画のエピソードで、子供の物乞いを作るシーンを見て、インドには子供の足を切断して物乞いをさせる親が居るという噂を思い出してしまいました。映画はハッピーエンドで終わるのですが、映画の舞台になっているムンバイの街の様子を見ていると、現実は厳しいものなのだなという気にもさせられます。

スラムドッグ$ミリオネア(公式HP

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne